規定未到達人

二浪一留、行きつく先は

飛翔

3月23日、当大学の卒業式。今回はそのレポートとなる。 通学5年目にしてようやく卒業を確定させた筆者も、この式典に参加することとなる。 見渡す限りの卒業生。悲しいかな、留年したがために周囲に知り合いのいない筆者は、入場の時間まで敷地の隅で独り動…

到達

一昨日、所属する学部にて4年次以上の学生を対象とした成績開示があり、結論から申し上げると、 卒業が確定した のでご報告。 正直なところ、1月最終週の試験にてやらかしがあり、完全に終了したのではとここ3週間現実逃避に勤しんでいたが、結果として大学5…

往生

先日、部屋の隅に積み重ねてある、浪人時に使った(はず)の教科書やノートに参考書、占めて2年分を処分した。教科書はどれもこれも新品のように綺麗で書き込みもなく、ノートは最初の数ページは板書の跡があるが残りは白紙。いくつかの参考書は開いた時にでき…

無情

昨年の夏以来の更新となるこのブログだが、その夏の(前回の)記事の最後の一文がこれ。 >知恵遅れが、この限界大学ライフと残りこれからどう付き合っていくのか。以降、ここに記事として記録していこうかと思う。 ・・・ 正直さまざまな要因もあって精神的に…

鎮火

夏という季節を、これほどまでに感じないというのは、生まれて初めてかもしれない。 それほどまでに夏の外気に触れていないということだが、これは世の大学4年生としては健全なのか、そうではないのか。筆者には判断しかねる。 前回というか初回の記事が66日…

覚悟

時は6月。桜の花も散り果て、爽やかな春風の音も、鳴りを潜めてしまった今日この頃。熱き日差しが身体を照らす季節が、すぐそこまでやってきている。 当の筆者は大学生活4年目を迎え、周囲に流される形で就活・勉強等に勤しんでいる(現状を考えれば、こんな…