読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

規定未到達人

到達していません

無情

昨年の夏以来の更新となるこのブログだが、その夏の(前回の)記事の最後の一文がこれ。

 

>知恵遅れが、この限界大学ライフと残りこれからどう付き合っていくのか。以降、ここに記事として記録していこうかと思う。

・・・

正直さまざまな要因もあって精神的に不安定な状態が続いており、限界大学ライフの実況をすることができなかったのは悔やむところである。

 

今回更新するに至ったのは、どこから嗅ぎ付けたのか不明だが、筆者を知る者の中にこのブログを見ている者がいるらしく、彼らへの生存報告、メッセージといった意味合いを込めたものとして捉えていただきたい。

現状の報告

・就職先は昨年10月頃決定。公務員。

・寝るかゲームかアルバイトの生活。

・留年超絶濃厚。

・・・

前回記事作成時点では内定0だった筆者だが、とうとう筆記&面接のコンボを乗り越えて内定を得ることに成功した。

内定先以外の受けたすべての試験は、1次試験は突破しているのだが、2次試験の面接やら集団討論やらで落とされている。人として失格という烙印を押されたも同然の筆者を採用してくれた人事担当者は見る目がない救世主か何かか。

 

内定先を得た大学4年生は、通常ならばそのまま4月まで人生の夏休みを謳歌するものだが、筆者のような知恵遅れは全力で卒業に向けて単位の回収を行わねばならない。これに関しては以前の記事を参照されたし。

とは言いつつも授業以外の時間の使い方はもっぱら他の文系大学4年生と変わらず、ゲームまたはアルバイトの虫と化している。

1~2年前ならば空いた日は積極的に他人を誘って飲みにいくところなのだが、あまりにも人とのコミュニケーションを怠っている現在の筆者が家に引き籠ってゲームに貼りついてしまうのは当然の帰結とも言える。

f:id:enkidu:20170219202640p:plain

筆者がのめりこんでいるゲームの1つ。知る人ぞ知る”ソシャゲ”のグランブルーファンタジー

・・・

 

とはいえ、ここまで”フル単”を経験したことのない筆者が、土壇場で大量の講義でフル単を得ることはほぼ不可能であり、留年が非常に濃厚である、というより決定的。

だからどうするということもなく、ただひたすら自堕落な生活を送っているのが悲しいところ。悲しいとは書いたが、もはや焦りの気持ちも起こらず、本当に文字通り堕落している。

留年した場合は大学の卒業に専念し、その後に改めて公務員への就職を狙う、という非常に舐め腐った目標を立ててはいるのだが、さて。

という現状報告であった。

 

2月のこの時期は周囲は完全に卒業ムードであり、卒業旅行、追いコンといった企画が多々行われている。

卒業というワードに敏感になっている筆者はこれらの企画に参加する気力が湧いてこなかったのだが、しつこい参加要請(本音としては非常にありがたいのだが)や、彼らと大学生らしく遊べる機会は以後やってこないという事実を鑑みて、先週は京都への3泊4日の旅行、昨日は所属していた組織の追いコンに参加してきた。涙腺が緩みそうになること複数回、彼らへの感謝への気持ちは言葉では言い表せない。

 

寺社仏閣巡りをして知ったのだが、筆者の世代(平成5年生まれ)は今年が本厄らしく、今年の波乱を予感させられた。

各地の神様仏様に来年までに大学を卒業できるよう祈願し、何枚かおみくじを買ってみたのだが、必然か偶然か、ほぼすべて同じような啓発内容だった。

f:id:enkidu:20170219211413j:plain

下鴨神社で購入した、そのうちの1枚。基本的にこういったものは信じない性分ではあるが、今回は見透かされているのではないかと肝を冷やした。

 

・・・つつしんで行いを正しくして波乱の1年を過ごしていこうと思う。

なんとか卒業し、家族含め周囲への恩返しをしたい。それがいつになるかはわからないが、絶対に還元はする。

この記事を見ている筆者を知る者達へ。そういうことなので、しばし待たれよ。

 

以後のブログの更新も気が向いた時に行う予定である。更新速度は察していただきたい。

 

閉店間際の喫茶店にて

鎮火

夏という季節を、これほどまでに感じないというのは、生まれて初めてかもしれない。

それほどまでに夏の外気に触れていないということだが、これは世の大学4年生としては健全なのか、そうではないのか。筆者には判断しかねる。

 

前回というか初回の記事が66日前とのことではあるが、別にブログのことを忘れていたわけではなく、更新は気分が乗ったらやろうと決めているため、現在自室にて蒸留酒を片手に戯言を書き殴っている次第である。以降もこんな形での更新となるだろう。

 

世間の大学4年生の多くは、この時期には内定を得て就活を終え、人生最後の夏休みを謳歌しているのであろう。

しかし筆者は内定を1個も持っていない。そもそも就活を行っていない。

そもそも就活が解禁された3月の時点で、就活とは?就活のやり方とは?という小学生並の思考しか持ちあわせていなかった人間が、ようやく最小限のことを学んでマイナビだのリクナビだの登録した時には既に説明会やらなんやらはほぼ終了しており、もはや救いようのない状態だったわけである。

 

そんな知恵遅れが濡れ手で粟のごとくすがる一筋の道というのは、公務員であった。公務員試験の申し込みは早いところは4月から、また遅いところは今現在も募集を行っている。

実を言うと公務員試験対策講座というのを昨年からたまに受講しており、春先には本腰を入れてそれなりに勉強していたのだが、身になっているかどうかは定かではない。

最初の試験は6月の最終週に既に終えており、次は5日後に控えている。

5日後に人生がほぼかかっている試験があるのに深夜まで起きてブログの記事を書き殴っているところに、色々察してほしい。

 

前回の記事にもあるが、留年するかもしれないという中で内定先を見つけなければならないという現実の中で自暴自棄になっているところも正直ある。

内定がないのに、毎日アルバイト先と家を往復する生活を送っていていいのか、という葛藤もある。

アルバイトの目的も、自分の生活費を得るためというよりは、むしろ留年した場合の1年分の学費を稼ぐために目的がシフトしてきている(一応、年間の学費は60万以内と稼げる範囲内である)。

親にも申し訳ないし、周囲の人間とはどう付き合っていくかも考えている。

 

知恵遅れが、この限界大学ライフと残りこれからどう付き合っていくのか。以降、ここに記事として記録していこうかと思う。

 

深夜、32度の自室にて

覚悟

時は6月。桜の花も散り果て、爽やかな春風の音も、鳴りを潜めてしまった今日この頃。熱き日差しが身体を照らす季節が、すぐそこまでやってきている。

 

当の筆者は大学生活4年目を迎え、周囲に流される形で就活・勉強等に勤しんでいる(現状を考えれば、こんな言い方をすると、本当に上記の活動に本気で精を出している学生に対し失礼になってしまうが、それについては割愛する)。

 

大学生活4年目の2割方を消化してきたことをふまえ、頭で2.12秒ほど浮かんだ内容について書き連ねていく。

常識的に考えれば、4年目にもなって平日5日間大学に来る人間は、大学に間接的に支配されてしまっているか、何かしらの欠陥を抱えているかのどちらかでしかない。

 

前者は、自らの所属する研究室にて日々実験を行い、成果を記録する作業に明け暮れる理系の人間である。筆者はここについては詳しくないが、研究成果と大卒という肩書きを得るために、平日5日間(もしくは土日を含むかもしれない)大学に来ることを強制されている悲しき存在である。

しかし、為すべきことが既に明確となっている彼らは、間接的な支配を受けている存在とはいえ、卑下の対象とするべきではない。むしろ、それは後者にあたる。

 

後者は、巷で言う所の"卒業が危ない人間"、つまり卒業要件を満たす分の単位が足りない人間の中で、さらにその中でも洗練された欠陥エリートのことを指す。これは前者のそれより悲しい、そして呆れ果てた存在である。

大学の講義は出席するかしないかは完全に個人の判断に委ねられる。この甘い文句に、娯楽に身体を完全に侵食された欠陥エリートが釣られないはずがない。規定以上の講義をサボタージュした結果、待っているのは"落単"である。

欠陥エリートは落とした単位を拾おうとするが、一方でその倍の早さで単位を落とす。海の向こうで中国が飛ぶ鳥を落とす勢いで経済成長を遂げているように、欠陥エリートの単位を落とす勢いは尋常ではない。結果として4年目にツケが回ってくることになり、肩を落とすことになる。

正常な大学4年生が就活、または自らの学問を究めんとしている傍ら、欠陥エリートは単位の回収作業、つまり講義への出席を行うのである。周囲には入学して間もない、眩しいオーラを放つ1年生、そして順調に大学生活をenjoyしているであろう2、3年生。欠陥エリートはここでようやく目が覚め、単位回収作業に精を出す。と同時に、1年後を見据えた活動も行わねばならない。まさに背水の陣でこれからの1年を過ごすことを余儀なくされる。

 

さて、筆者も同じく、この崖っ淵に立っている状況である。大学に入るまでに何度も崖から落下した経験を持ってはいるが、今度こそ、3度目の正直。ここで踏みとどまらんとする覚悟である。

他人に見られるつもりではないがため、独り言をここまで書き殴ったが、気が向いたらまた更新するという形を取るつもりである、としたところで、今回はここで〆るものとする。

 

初夏の夕方、大学図書館2階にて